嵐のワクワク学校2019の制作開放席・復活当選・一般発売の申し込み日程予想!

嵐のワクワク学校2019の制作開放席・復活当選・一般発売の申し込み日程予想!

嵐のチャリティーイベント《嵐のワクワク学校2019》の当落発表が行われました!みなさま、結果はいかがでしたでしょうか???

今回当選された方、おめでとうございます!(*´▽`*)

今回は残念だった方。。。。まだチャンスはあります!

今日は『嵐のワクワク学校2019の制作開放席・復活当選・一般発売の申し込み日程予想!』と題しまして、制作開放席・復活当選・一般発売というチケットゲットのチャンスについて、記事にしていきたいと思います♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

嵐のワクワク学校2019とは

まずは《嵐のワクワク学校2019》について軽くご紹介を。

《嵐のワクワク学校2019》

アイドルグループ・嵐が東京ドームおよび京セラドーム大阪を教室に見立てて授業を行うイベント。略称は「ワクワク学校」。

2011年の東日本大震災を契機に介されるようになった、嵐のチャリティーイベント。メンバー5人がそれぞれ先生として授業を行う。2011年以降は通常イベントとして毎年開催されている。

2015年からはジャニーズ事務所所属の後輩グループがアシスタントとして参加しており、2019年はHey!Say!JUMP!が助手を務めることになった。

嵐のワクワク学校2019日程

大阪公演(全3回)
 会場:京セラドーム大阪
  6月22日(土) 17:00
  6月23日(日) 11:00/17:00

東京公演(全3回)
 会場:東京ドーム
  6月29日(土) 17:00
  6月30日(日) 11:00/17:00

『嵐のワクワク学校2019』は上記の2か所(京セラドーム大阪&東京ドーム)で合計6公演となります。

嵐のワクワク学校2019の復活当選申し込み開始はいつから?

《スポンサーリンク》

Advertisement

今回の《嵐のワクワク学校2019》の抽選に外れてしまった場合の、次のチャンスのまず一つ目が【復活当選】です。

【復活当選】とは

今回当選されたにも関わらず、何らかの理由で支払いが行われず、無効となってしまった分のチケットを、落選者の中から再抽選するというシステム

友達と当選がかぶってしまったため余るので、とか、急に都合がつかなくなり当日いけない、とか、うっかり支払期限忘れてた!とか。いろんな理由が考えられますが、とりあえず浮いてしまったチケットを再抽選してくれるのは非常にありがたい!復活当選バンザイ!

ちなみに、今まではいつ頃復活当選が行われていたのかを調べてみると、入金締め切り日から4日~7日後の15時もしくは18時が多いようです。

つまり今回の場合は5/23(木)が入金締め切りとなっていますので、5/27(月)、5/28(火)あたりから【復活当選】があるかどうか要チェックです!

嵐のワクワク学校2019の一般発売申し込み開始はいつから?

次にやってくるチャンスが【一般販売】です。今回のチケットはファンクラブ会員優先でしたが、例年は一般販売だったようです。

では一般販売はいつ頃になるのでしょうか?

今までの例で行くと、コンサートの場合は初日公演の2~3週間前の土日が多かったようです。

《嵐のワクワク学校2019》の初日は6/22(土)ですので、一般発売があるとすれば、6/1(土)・6/2(日)・6/8(土)・6/9(日)のあたりになるのではないでしょうか?

嵐のワクワク学校2019の制作開放席申し込み開始はいつから?

《スポンサーリンク》

Advertisement

3つ目のチャンスが【制作開放席】です。

・・・・・制作開放席って???って最初なりました(^-^;。というわけで軽く説明を。。

制作開放席とは

制作開放席とは、会場でセットを実際に組んだ時に「まだ観客をいれるスペースがある」など、当初の予定よりも座席が増える場合にできる席です。

なので、例えばメインステージの斜め後ろ、機材が前にある場所、など必然的に演出が見にくいところが多く、申込み案内に必ず断りが入っています。

ちなみに、いままでの制作開放席がどんなんだったのかと、SNS等でファンの方の声を調べてみましたら

・2階最後列だった・・・
・遠い遠いお星さま席
・天井席でテレビ観てる感じ
・3階最後列・・・・

などなど、遠目の席が多かったようです。でもなかには「思ってたより近かった!」という席に当たった方もいるようでしたので、希望は捨てないで!

ちなみに、いままでの感じだと制作開放席の案内が告知されるのは、おそらくセットを実際に組んでみたあとの「公演の数日前」という、かなりコンサート初日に近い時期になりそうです。

それも、落選者全員に案内がくるわけではなさそうで、当初の落選者の中から「抽選で選ばれて案内がくる」ようです。で、その人たちのなかでまた抽選が行われて、最終的な当選の発表は「現地公演の初日の前日」とか。。。。。(え、それは、会場から遠い人にはキツイ・・・・・)

制作開放席はちょっと、いろんな意味でハードル高めではありますが、でもでも嵐やHey!Say!JUMP!と同じ空間で過ごせる夢の時間は何物にも代えがたい。。。。ですよね(*ノωノ)

《スポンサーリンク》

Advertisement

まとめ

嵐の活動休止を控えたいま、今回の会員優先もものすごい倍率だったようです。どうか皆さまが、なんとか上記のチャンスを生かして、チケットゲットできますように!