十五祭のチケット当選倍率予想!関ジャニライブ2019の狙い目ドームは?

十五祭のチケット当選倍率予想!関ジャニライブ2019の狙い目ドームは?

関ジャニ∞の2019ドームツアーの開催が決定しました♪

関ジャニ∞デビュー15周年記念ツアー「十五祭」。錦戸亮くんの脱退疑惑もある中で、ファンの皆さんはきっと、何とかしてチケットを取って今の関ジャニ∞に会いたい!と思われてるのではないかなぁと思います。(SMAP解散時に荒れた私は元つよぽんファン←ぶっちゃけ今も好きは好き。えへ)

そういう事情もふまえると、今回は特にチケット倍率高くなりそうな予感がします。。。。

今日は「十五祭」のチケット当選倍率を予想し、関ジャニライブ2019の狙い目ドームはどこかを記事にしていきたいと思います!

関ジャニ∞十五祭の日程と会場収容人数

《スポンサーリンク》

Advertisement

まずは、「十五祭」の日程と、その会場の収容人数をご紹介。

関ジャニ∞2019「十五祭」

・7月14日(日)
北海道・札幌ドーム(5.3万人) 16:00~

・7月19日(金)
愛知・ナゴヤドーム(5万人) 18:00~
・7月20日(土)
愛知・ナゴヤドーム 18:00~
・7月21日(日)
愛知・ナゴヤドーム 16:00~

7月27日(土)
大阪・京セラドーム(5.5万人) 18:00~
・7月28日(日)
大阪・京セラドーム 18:00~
・7月29日(月)
大阪・京セラドーム 18:00~

・8月3日(土)
福岡・ヤフオクドーム(5.2万人) 17:00~
・8月4日(日)
福岡・ヤフオクドーム 17:00~

・9月1日(日)
東京・東京ドーム(5.5万人) 18:30~
・9月2日(月)
東京・東京ドーム 18:30~
・9月3日(火)
東京・東京ドーム 18:30~

こんな感じの日程&収容人数になります。

関ジャニ∞十五祭の当選倍率予想

続きまして、いろいろ計算していきたいと思います(説明がアバウト)。

当選倍率=総応募数÷総座席数

で計算できますので、それに必要な数字を集めていきたいと思います。

《スポンサーリンク》

Advertisement

まずは、各ドームの総座席数を計算していきます。

各ドームの総座席数

札幌ドーム:5.3万×1公演=5.3万人(席)
東京ドーム:5.5万×3公演=16.5万人 
ナゴヤドーム:5万×3公演=15万人
京セラドーム:5.5万×3公演=16.5万人
ヤフオクドーム:5.2万×2公演=10.4万人 

次に、総応募数がどうなるか考えていきます。

【総応募数の予想】

応募しても自分が行けないと意味がないので、応募はまずは自分の住んでるところから行きやすい場所にあたりをつけるかなと考えました。(とった後に都合等の理由で、チケットの譲渡などで遠方に新幹線でGo!はあると思いますが)

というわけで、それを踏まえてそれぞれのドームについての倍率を出していきたいと思います。

ドームのある地方(地域)別の人口
・北海道:547万人 ⇒全体から見てだいたい6%
・関東地方:約4328万人⇒ 〃 40%
・中部地方:約2172万人⇒ 〃 20%
・近畿地方:約2276万人⇒ 〃 21%
・九州地方:約1320万人⇒ 〃 13%

関ジャニ∞のファンクラブ会員数はただいま62万人。
1人2枚のチケットを申し込むと仮定し、124万人分のチケットが求められると想定します。
ただし、平日のため仕事などで参加できない人(最初から申し込まない人)を考慮し、それでもちょっと多めに考えて全体の80%が応募するとなると約100万人分のチケットが求められると計算できます。

チケット欲しい人(100万人分)も、上記と同じだけの割合でそれぞれの地域に住んでいると考えて、

その地域に住む「チケット欲しい人」
・北海道⇒全応募数(100万人)のうちの6%が北海道在住の人= 60000人
・関東 ⇒100万人のうちの40%が関東在住の人=400000人
・中部 ⇒100万人の20%=200000人
・近畿 ⇒100万人の21%=210000人
・九州 ⇒100万人の13%=130000人

その人たちが自分の住居から一番近いドームに応募すると考えて

札幌ドーム(北海道)=60000人÷5.3万席=1.13倍
東京ドーム(関東)=400000人÷16.5万席=2.42倍
ナゴヤドーム(中部)=200000人÷15万席=1.33倍
京セラドーム(近畿)=210000人÷16.5万席=1.27倍
ヤフオクドーム(九州)=130000人÷10.4万席=1.25倍

やはり予想通りというか、東京ドーム飛びぬけて高いですね(汗)。

関ジャニ∞ライブ2019の狙い目ドームはどこ?

《スポンサーリンク》

Advertisement

計算で出た倍率から「やっぱり地方のほうが取りやすそう」という結果がでました。

そこに心理的ファクターもちょいと加えてみたいと思います。

平日はやっぱり行きにくい⇒平日狙い目!
・ファン心理としてツアー初日最終日(オーラス)は行ってみたい⇒初日と最終日は避ける

以上を踏まえて総合的に考えてみた結果・・・

7月19日(金)愛知・ナゴヤドーム
7月29日(月)大阪・京セラドーム

がまだ穴かなと♪

7月14日(日)北海道・札幌ドーム

も地方だし倍率低いしいいかなぁと思ったのですが、ツアー初日のため人気があるかと今回は避けました。

関ジャニ∞ライブ2019のチケット販売方法

ジャニーズのチケット販売は「ファンクラブ先行」と「一般販売」の2回が一般的です。。。。が、一般販売分は正直かなり少ないようで、やはり「ファンクラブを通して申し込む」のが一番得策かと思われます。

チケット申し込みの詳細は4月に発表されるとのことで、7月14日からツアーが始まることを考えると、5月前半にはまず先行予約が始まるんじゃないかなぁと。

詳細が分かりましたらまた記事にしたいと思います!

まとめ

関ジャニ∞デビュー15周年記念ツアー「十五祭」、おそらくかなりの倍率にはなると思われますが、ファンクラブ未入会のひとは入っておいてチケット詳細発表に備えるなど、いろいろ心の準備をして決戦の日をお待ちくださいね!

《スポンサーリンク》

Advertisement