水道橋博士の体調不良原因と復帰はいつ?病気で体重増加と全身むくみか

水道橋博士の体調不良原因と復帰はいつ?病気で体重増加と全身むくみか

ただいま体調不良のため休養中の浅草キッド水道橋博士(56)がツイッターにて、「体重が15キロ増え、さらに全身のむくみに悩まされている」ことを明かしました。

最近お姿拝見しないなーと思っていたのですが、休養中だったのですね。

ただ、ご自身のツイッターの写真をみてびっくり!水道橋博士、体調は大丈夫ですか?(汗)

今回は「水道橋博士の体調不良原因と復帰はいつ?病気で体重増加と全身むくみか」について記事にしたいと思います。

浅草キッド水道橋博士のプロフィール

まずは、浅草キッド水道橋博士についてご紹介を。

水道橋 博士(すいどうばし はかせ、1962年8月18日生まれ)

オフィス北野所属のお笑い芸人。浅草キッドのメンバーで突っ込みを担当。漫才師、コメンテーター、ライターとして雑誌にコラムやエッセイの執筆などを行っている。三児のお父さんでもある。

水道橋 博士はコメンテーターとして非常に頭が切れ、返しが秀逸、執筆物に対するファンは芸能界にも多かった。

休養に入る前は、4本のレギュラー番組を抱えるだけでなくゲストでの番組出演が急増していた。

芸能活動を休養する発表の際、所属事務所は「過労、蓄積疲労で、落ち着くまで仕事を休ませていただく。倒れたわけではなく入院もしていない」と説明していた。

《スポンサーリンク》

Advertisement

私はまだ水道橋博士の執筆物を見たことがないのですが、エンタメやバラエティー大好きなので、コメンテーターとしての水道橋博士はよーく見てました。小気味いい切り捨て方?というか、安定の毒舌?というか、安心して視聴できる大御所感?というか。テレビの画面にいることが当たり前な感じでいつもすごいなーと拝見してました。

なので、休養の終了のめどがまだ立ってないことに、一抹のさみしさを覚えます。

水道橋博士の足のむくみのツイート


えええ!水道橋博士!どうされたんですか!?足のむくみがすごいです!

ちょっとこれは、かなりのむくみです。。。。このツイートが発表されてから、にわかにメディアでも水道橋博士の体調不良について取り上げられるようになりました。

たけし軍団つまみ枝豆の妻でタレントの江口ともみさんから「噛む、見る、身体の要の腰!! 大事」とメッセージが寄せられると、「その全部に障害ありです(笑)今、謎の全身、むくみ現象で、+15キロです。」とコメ返されました。

また、以前水道橋博士が休養を発表した際、同じ事務所のガダルカナル・タカが「(水道橋博士は)忙しすぎるから。テレビの仕事だけだったらまだいいんだけども、執筆のほうが多いんで。連載も多いし、自分自身で書きたいことがいっぱいあって」と水道橋の多忙ぶりを説明していました。さらに「毎日仕事終わって、こもって書いてるっていうのを続けてたんで、今までも何回か疲労で倒れたりもしていたんですよ」とも明かしていました。

水道橋博士の足のむくみ・体重増加について

《スポンサーリンク》

Advertisement

今回水道橋博士はツイートの中で「謎の」という言葉を使っておられます。また、治療のために「大学病院に行ってきます」ともつぶやいておられます。これは、むくみと体重増加の原因がまだわかってないということなのでしょうか。もしくは、原因は発表をひかえつつ、現状を報告されたのでしょうか。

ここで、むくみと体重増加について少し。

~むくみと体重増加の原因~

むくみは「浮腫(ふしゅ)」とも言います。私たちの身体の体重の60%は水分でできている、と言われるくらい、人体にとって水分は非常に大切な存在です。しかし、この水分のバランスが崩れ、細胞と細胞の間の水(体液)が異常に増加し、身体があたかも膨れてしまったような状態を「むくみ(浮腫)」というのです。

この「むくみ」によって体重は増加します。ひどいむくみが起こると、3~4日で10kgも体重が増加することもあります。肥満の場合はここまで極端な体重増加はありません。

足のむくみの原因は、例えば立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢をとり続けていた場合、全身の血行が悪くなり、さらに重力の影響で身体に不要な水分が下半身にたまって起こることがあります。こういった一時的な足のむくみや、アルコールを飲み過ぎた翌朝の顔のむくみなどはそれほど心配するものではありません。

しかし、一般的に「むくみ」といっても、中には病気を疑わないといけないものもあります。

「むくみ」が出る病気で一番最初に疑われるのが『腎臓の病気』です。腎臓は身体の中でも特に「水分量の調節」をしてくれている非常に大切な臓器。むくみが出たら腎臓に異常がないかまず調べる必要があります。

腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症などの腎臓疾患の初期では、最初に顔が腫れぼったくなったり、まぶたに浮腫が見られることが多くなります。

また、腎臓以外にも、慢性甲状腺炎(橋本病)では体重の増加やむくみなどがみられますし、心不全、肝硬変、妊娠高血圧症候群、薬剤の使用によるもの(ステロイドやホルモン剤など)などでもむくみがでます。

ツイートの中の足のむくみのお写真を拝見するに、おそらく一時的なむくみではなく、なにかしら体の中で体液のバランスがくずれる事態が起こっているのであろうと推察されます。だからこその大学病院受診なのでしょう。

おそらく今、むくみの原因の治療体液管理の治療をされておられるのかなと思います。ツイートされるほどなので、そこまで深刻な状況というわけではないと信じたいのですが、やはり心配です。。。

水道橋博士の芸能活動復帰はいつ?

おそらくですが、体調が落ち着かれたとしてもすぐにテレビ画面での復帰はないかなと。なんせ執筆活動のほうでも多才な活動をされてますので、まずはライターとしての復帰が先かと思います。

あの水道橋博士のことですから、転んでもただでは起きない精神を発揮して、ご自身の体験を執筆という形で昇華されるだろうなと思います。そして体調と相談しながら徐々にテレビ画面に復帰されていくか、もしくはテレビは特番だけで、基本はライターでいかれるかもしれないなとも予想します。

ただ、たとえ執筆者として基本ご自身の体調にあわせられるお仕事をされるにしても、いまはまずご自身の身体のメンテナンスを優先して頂きたいなとは思います。

まとめ

水道橋博士の体調についてまだ事務所からも発表がないので、無責任なことは言えませんが、深刻ではないことを祈ります。復帰は急がずとも、水道橋博士のお名前はもう十分周知されてますので、いまはまず根治を優先し、またいろんな形で活躍されるのを待ちたいと思います。

《スポンサーリンク》

Advertisement