山路智恵の今現在は?絵手紙作品でオリンピックにも関わり!あいつ今何してる

山路智恵の今現在は?絵手紙作品でオリンピックにも関わり!あいつ今何してる

2019年1月30日(水)19時00分よりABCテレビ『あいつ今何してる』という番組内で、「世間を騒がせた天才少年・少女は今?」が放送されました。今回取り上げられたのは

~9歳にして個展を開催しマスコミ殺到!海外の有名作家も激賞した天才絵手紙少女は今?~

というもの。9歳で個展!?天才絵手紙少女っていったい誰?どんな絵を描かれるのかしら?とがっつり気になりました(私は絵を描くのが好きなので(^-^;)。今回は、9歳個展を開いたという天才絵手紙少女について、彼女の名前と彼女がかつて描いていた絵、そして今現在の彼女の活躍について、いろいろ調べてみました♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

山路智恵の今現在と天才少女時代の絵手紙作品

かつて9歳にして個展をひらいた天才絵手紙少女は、山路智恵さんといいます。

1981年東京生まれ。1987年4月の小学校入学の日から始めた絵手紙をベースに、作品を発表し続けています。

作品ははがきサイズから、たたみ数畳という巨大なものまで。

モチーフは身近な草花や野菜、人物、風景、世界遺産とバラエティにあふれ、和紙に墨と顔彩などで描かれた絵と心に響く言葉で多くの人を魅了しています。
⇒公式ブログより

6歳から描き始めた絵手紙をスタートラインとして、今に至るまでずーっと描き続けておられるとは…すごい。私はわりとすぐに、忙しさにかまけてやめてしまったので(汗)「絵手紙やってました」とか恥ずかしくて言えない(きゃ☆)。

小学生の頃より全国で個展を開催。日本国内だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、中国(北京・蘇州・上海・西安)などでも個展を開催。

2008年北京オリンピックでは中国での活動が認められ「北京オリンピック公式認可文化事業」として国家図書館展示ホール(北京市)で個展を開催しました。
⇒公式ブログより

とても輝かしい経歴の持ち主でらっしゃいますが、この華々しさの裏に、小学生のころからずっと「描くこと」を続けてこられた土台があってこそなのだろうなぁと思われます。

なにか大きなことを成し遂げられる方は、持って生まれたセンスや技術だけでなく、「何があっても続ける力」や「一心不乱の情熱」など、たくさんのモノを持って努力されてるんだろうなぁ、と、「続かない自分のヘタレさ」を省みて反省しきりです。

山路智恵さんが「絵手紙」を始めたのは、山路智恵さんのお母様との想い出がかかわっているそうです。当時仕事で忙しかったお母様が、子供とのふれあいを大切にするために、絵本の読み聞かせをされていたそうです。その絵本の中の好きなシーンを絵手紙に描いたのがきっかけで”絵手紙”に興味を持ち描き始めたとか。

山路智恵さんはその後なんと、小学校入学式の日から卒業までの2000日間、一日も休むことなく絵手紙創始者である小池邦夫さん宛に絵手紙を描き続けてられたそうです。

きっかけは小さい頃の親との想い出が、その後の人生を左右するほどの想い入れあるものになるなんて、めちゃくちゃ素敵ですよね。そして、我が息子にそこまで強く想える何かを果たして残してあげられているか、とわが身を振り返ると非常に不安。ぎゃふん。


こんな大きな作品も描かれるそうです。わーまじで本物見てみたい!

ほかにもたくさんの絵を公式ブログで紹介されてます!

《スポンサーリンク》

Advertisement

オリンピックへの関わりと個展

山路智恵さんがいま取り組んでおられるのが「2020年東京オリンピック・パラリンピック」絵手紙で盛り上げること。畳2畳から4畳の大きな和紙に「東京百景」を描いています。1年間に25点の作品を描きあげ、2020年までの4年間で100点を目標に今も制作中なんだそう。

そしてこの25点を1年ごとに個展で披露されてます。この個展【オリンBIG東京百景】の「第三回目」が来月2月1日から一週間に、東京品川区の大崎ウエストギャラリーで開催されます。

絵の大きさもさることながら、山路智恵さん独特の迫力ある絵を間近で見られるチャンスです♪ご興味あるかたはぜひ♪

山路智恵 絵手紙展
~オリンBIG東京百景Ⅲ~
日時:2019年2月1日(金)~7日(木)
   10:30~17:30(最終日16時まで)
会場・主催:大崎ウエストギャラリー
◆会期中無休・入場無料◆

山路智恵絵手紙美術館の場所、アクセス方法

山路智恵さんは長野県栄村にある『山路智恵絵手紙美術館』の館長もされています。

■ 開館時間/午前10時~午後5時
(入館は閉館の30分前)
■ 休 館 日/毎週火曜日
(ただし祝日の場合は営業)※冬期休業12/1~4月下旬
■ 入 館 料/タイムカプセル館・白い森の美術館(山路智恵美術館)
 一般 800円 小中高生 500円
  ※団体料金 500円、小中高生は300円(詳細はお問い合わせください)



⇒公式サイトより

ほんとにすてきな絵がいっぱいです!私もこんな絵描いてみたい!(本心)ご興味あるかたは、ほんとぜひぜひ!(私も近ければ。。。。くぅ:涙)

まとめ

9歳ですでに個展を開くほどの才能をもっておられる山路智恵さん。ですが、もちろん才能もあるのでしょうが、なによりずっとずっと描き続けてこられたゆえに、いまの素晴らしい作品に繋がっておられるんだろうなぁと思います。

そしてそして、ほんとうに人生を賭して打ち込むことができる『なにか』に出会うことができた山路智恵さんが、少~しだけうらやましいなぁなんてこっそり思ってみたりしました。なにか私もみつけたいな。皆さんはどうですか?

《スポンサーリンク》

Advertisement