Mi-Keメンバーの現在と解散理由は?渡辺真美と村上遥のその後を調査!

Mi-Keメンバーの現在と解散理由は?渡辺真美と村上遥のその後を調査!

先日も記事にしましたが、2月27日(水)21:00放送の『今夜くらべてみました』に~突如消えた 幻の美女グループ Mi-Ke ~のセンターの宇徳敬子(うとくけいこ)さんが出演されます。

先日の記事⇒今くら宇徳敬子の今現在!結婚して旦那いる?51歳美魔女の美貌は宇徳流メソッド!

今回は宇徳敬子さんが所属していた(所属している?)Mi-Keについてもう少し詳しく記事にしたいと思います。

Mi-Ke(ミケ)の経歴とヒット曲

Mi-ke(ミケ)宇徳敬子・渡辺真美・村上遙の3人からなる、幻の美少女グループ(?)です。元々B.B.クィーンズ(ちびまる子ちゃんの「おどるポンポコリン」を作ったグループ)のコーラス隊でしたが、1991年にアイドルグループとしてデビューしました。

ちなみに、”Mi-Ke”というグループ名は、当時ヒットした「たま」をもじり、メンバー3名の個性を活かして「三毛猫」から取っており、白が宇徳、茶色が村上、黒が渡辺というように色が分けられていたそうです。知らなんだ。

《スポンサーリンク》

Advertisement

美少女アイドルグループ、、、ではあったのですが、曲は昔の名曲のカバー昔の名曲にちなんだ曲ばかりだったので、私の中ではなんとなく『Mi-Ke = The 昭和!』なイメージが(笑)。。。

ヒット曲には「好きさ好きさ好きさ」や「ブルーライトヨコスカ」「悲しきテディ・ボーイ」などがありますが、一番有名なのはやはり「想い出の九十九里浜」です。この「想い出の九十九里浜」はすごく面白くて、曲調も”昭和の古き良き時代”の曲調を踏襲した感じなのですが、歌詞の中にもやはり”古き良きグループ・サウンズ”の楽曲名が散りばめられているんです。

《想い出の九十九里浜》歌詞に使われているグループサウンズの曲名とバンド名

「夕陽が泣いている」、「あの時君は若かった」 ← ザ・スパイダース
「君だけに愛を」、「花の首飾り」、「落葉の物語」 ← ザ・タイガース
「好きさ好きさ好きさ」 ← ザ・カーナビーツ
「神様お願い!」 ← ザ・テンプターズ
「バラ色の雲」 ← ヴィレッジ・シンガーズ
「長い髪の少女」 ← ザ・ゴールデン・カップス
「遠い渚」 ← シャープ・ホークス
「真冬の帰り道」 ← ザ・ランチャーズ
「いつまでもいつまでも」 ← ザ・サベージ

宇徳敬子さんはMi-Keの中ではメインボーカル。ほとんどのコーラスも宇徳さんの単独コーラスで、Mi-Keの音源では彼女の声が9割を占めていたほどMi-Keの中心人物でした。

しかしMi-Keとしては、1993年5月で活動が止まっています。

《スポンサーリンク》

Advertisement

渡辺真美の今現在は?

Mi-Keのメンバーの一人、渡辺真美さんは今現在ソロで、音楽制作における名前はJanMei(チャンメイ、真美の広東語読み)、また、2016年3月より麻宮 百(まみや もも)として活動されているそうです。

☆⇒JanMei’s Blog

村上遥の今現在は?

もう一人のMi-Keのメンバー、村上遥さんはMi-Keが実質活動休止になると、「たけしの元気が出るテレビ」「世界ふしぎ発見!」のレポーターや、TBSドラマ「ラブの贈り物」など様々なタレント活動を経て、今現在は宮古島へ移住されておられるようです。

☆⇒村上遥さんのブログ

娘さんもおられ、たびたびブログにも登場されてます。多肉植物とガーデニング雑貨のお店「Deco Plants」を2016年6月15日に始められているようです。

Mi-Ke(ミケ)が解散した理由は?

《スポンサーリンク》

Advertisement

Mi-Keは、アルバム「永遠のリバープールサウンド〜Please Please Me, LOVE.」リリース後にグループでの活動がなくなり、各自ソロ活動に専念していました。

調べてみると、どうも実は、Mi-Keはハッキリと解散宣言や休止宣言をしていないようです。自然消滅という形でMi-Keは姿を消しました。ただ、村上遥さんのブログをざっと見せて頂いたところ、村上遥さんと渡辺真美さんはプライベートで交流があるようです。

宇徳敬子さんがメインでひっぱっていたMi-Keでしたので、宇徳敬子さんがソロ活動でどんどん忙しくなるにつれ、Mi-Keは自然消滅していったのかなぁと思われます。

まとめ

宇徳敬子さんが所属していたグループ”Mi-Ke”がまだ解散宣言していない、ということは、もしかして、もしかしたら、いつかテレビの特番などでMi-Ke再結成とかしてくれるかも♪なーんてことをちょっと夢見てみたりしました(笑)。またMi-Keの「想い出の九十九里浜」聴きたいなぁ。

《スポンサーリンク》

Advertisement