アガサ・クリスティ2夜連続ドラマスペシャル パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜(天海祐希主演)

アガサ・クリスティ2夜連続ドラマスペシャル パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜(天海祐希主演)

アガサ・クリスティ2夜連続ドラマスペシャル パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜

テレビ朝日系列
2018年3月24日(土曜) 夜9時より(2夜連続放送第1夜)

<あらすじ>

ある日の午後、サングラス姿のひとりの女性が『寝台特急朝霧』に乗りこんだ。彼女の目的は、“消えた死体を捜す”こと――。

その女性の名は、天乃瞳子(天海祐希)。瞳子はかつて敏腕刑事だったが、がんを患った夫の看病のために退職。夫が他界した後、その優秀さを買われて危機管理のプロとなり、民間企業の顧問に就任していた。

実は3日前、瞳子の亡夫の母・天乃雀(草笛光子)が『特急オリオン』に乗っていたところ、並走していた『寝台特急朝霧』内で男が女性の首を絞めているのを目撃。雀はすぐさま車掌に通報したものの、彼は彼女が寝ぼけているものと思い込み、取り合わなかったのだ。その後、念のため地元警察が線路際を捜索したが、死体は見つからなかったという。

雀の訴えを聞いて憤慨した瞳子は、彼女の汚名を返上するため、警察を告発すると宣言。さっそく捜査に乗り出し、手がかりを探して同じ時刻の『寝台特急朝霧』に乗ったのだった・・・

(以上、公式サイトより引用)

<登場人物>
天乃瞳子(あまの・とうこ)・・・天海祐希
天乃雀(あまの・すずめ)・・・草笛光子
中村彩(なかむら・あや)・・・前田敦子
佐伯慶一(さえき・けいいち)・・・石黒賢
唐木(からき)警部・・・勝村政信
富沢恵子(とみざわ・けいこ)・・・原沙知絵
富沢哲次(とみざわ・てつじ)・・・鈴木浩介
鈴木(すずき)刑事・・・桐山漣
木村麗子(きむら・れいこ)・・・黒谷友香
山口(やまぐち)参事官・・・橋爪功
富沢信介(とみざわ・しんすけ)・・・西田敏行

《スポンサーリンク》

Advertisement

内容紹介
“ミステリーの女王”と呼ばれたイギリス生まれの推理作家、アガサ・クリスティの傑作『パディントン発4時50分』を今回、日本版にアレンジして、天海祐希さんを主人公に大胆に生まれ変わりました!・・・とのこと。

わたくし実は、学生時代にほぼ全作読破したほどのアガサ・クリスティファンでして、もちろんパディントンも読みました。ええ。
『パディントン発4時50分』は、アガサ・クリスティが生み出した愛すべき老嬢、ミス・マープルが活躍する長編第7作目にあたります。

どちらかというと、ミス・マープルよりもポアロシリーズが好きだったのですが、この作品はなかなかインパクトが強くて、いまでもしっかり覚えています。(ネタバレになってしまうので、詳しくは言えませんが、公式サイトでも紹介あるように、まず導入部が印象的すぎた)

今回ドラマにするにあたり、ミス・マープルが“元敏腕刑事にして危機管理のプロ”という華麗な経歴を持つデキる女、天乃瞳子(天海祐希)に大胆に生まれかわったとのこと。正直、ファンとしては、安楽椅子に揺られ編み物をしながら鋭い洞察力で推理をするイメージのマープルが、いったいどんな変貌をとげるのか、楽しみ半分、不安半分な感じです。

でも、そこは、天海祐希さんがきっとすごく素敵な和製マープルとして、新しい世界を切り開いてくださるんじゃないかな、と信じています。(天海さん好き♪)

あと、この『パディントン発4時50分』を語るにおいて欠かせないのが、家政婦のルーシー・アイルズバロウ(ドラマ内では前田敦子さん扮する“スーパー家政婦”中村彩)の存在。とても魅力的かつ活動的、作品においてかなりのキーパーソンである彼女が、果たしてドラマのなかで、どのように飛び回ってくれるのか(?)それにも注目したいと思っています。

アガサ・クリスティ2夜連続ドラマスペシャルの第1夜『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』、かなり楽しみです!

次の記事で、第2夜『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』を紹介したいと思います。

《スポンサーリンク》

Advertisement