トクサツガガガ6話衝撃のラスト!小芝風花のぶち切れ演技がすごい!毒親松下由樹が秀逸!

トクサツガガガ6話衝撃のラスト!小芝風花のぶち切れ演技がすごい!毒親松下由樹が秀逸!

トクサツガガガ…今回の6話はすごかった。。。。(放心)

途中までは面白くてワキャワキャ見てたのですよ、わたくし。油断してたんですね、たぶん。そこへものすごいラストが待ってまして、めった斬りされました。いまだに、小芝風花のぶち切れ演技の衝撃から帰ってこれません。もしかしたら私は「未来の大女優が生まれる瞬間」を見たのかもしれん。

そして、「松下由樹にしかできない不穏な笑顔とその毒親っぷり」にスタオベしたい衝動にかられてウズウズしています。ああ、今期、トクサツガガガ観てきてよかった。

では、今回もトクサツガガガ6話の感想を、私のオタクエピソードを交えながら記事にしていきたいと思います。

まずはトクサツガガガのあらすじなど基本情報から。6話については目次4~お読みください♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

NHKドラマ「トクサツガガガ」のあらすじ

NHK総合 ドラマ10 トクサツガガガ
2019.1.18(金)~ 夜10:00スタート
 毎週金曜 連続7回

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。

そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。
すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。

特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。

日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

(公式サイトより引用)

NHKドラマ「トクサツガガガ」のキャスト

仲村 叶(なかむら かの) … 小芝 風花
吉田 久美(よしだ ひさみ) … 倉科 カナ
北代 優子(きたしろ ゆうこ) … 木南 晴夏

チャラ彦(川島 直太朗) … 森永 悠希
小野田くん(小野田 隆) … 本田 剛文(BOYS AND MEN)
ユキちゃん(白濱 幸) … 武田 玲奈
マイちゃん(白石 マイ) … 内山 命(SKE48)
任侠さん(松本 昌明) … 竹内 まなぶ(カミナリ)

ダミアン(田宮 拓) … 寺田 心
仲村 志(なかむら ふみ) … 松下 由樹

~主題歌「ガガガガガガガ」ゴールデンボンバー

NHKドラマ「トクサツガガガ」主な登場キャラクター紹介

『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』
毎週日曜に放送されている特撮ヒーロー番組。動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴。

・シシレオー:ジュウショウワンのリーダー。カラーは赤。真面目で、優しく面倒見が良い。
・トライガー:ジュウショウワンのメンバー。カラーは青。短気で気が荒いが、筋を通す熱いやつ。
・チェルダ:ジュウショウワンのメンバー。カラーは黄。泣き虫だが、根は明るく無邪気な性格。
・セロトル:ジョウシュウワンのメンバー。カラーは銀。他人に対して心を開かず、攻撃的。
・ゲンカ将軍:ジュウショウワンの敵の大将。不死身の肉体でよみがえるたびに強くなる。

『救急機 エマージェイソン』
仲村叶が小さい頃に見ていた、特撮ヒーロー番組。

・エマージェイソン:反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット。

コピー機のメンテナンスの営業さんは誰?

《スポンサーリンク》

Advertisement
会社のコピー機のメンテナンスに現れた営業の男性、その彼にトゥクンしてしまった叶。実は営業の男性は叶の大好きなシシレオーの中の人「ショウ」にそっくりだったのだ。同僚のナイスアシストにより、営業さんに「吠えてもらってもいいですか?」と勇気を出しておねだりしたところ、愛らしい叶に逆にトゥクンしてしまった営業さんは大空に向かって雄たけびをあげる。その姿に大変満足した叶は、そのまま恋愛に発展することもなく?その場を去ったのだった。

この営業さん、イケメンでえらいいい声なんだがどこかで聴いた声?と思ったら、シシレオーの声やってる声優さんでした!そりゃ聞いたことある声や☆土屋神葉さんという声優さん&役者さんで、おまけに土屋太鳳さんの弟さんだそうです。わお!この方の声好きだわー。

一時声優好き界隈をうろうろしていたことのある私としては、今後要チェックしていかなければと思います!(置鮎龍太郎さんとか子安武人さんとか関俊彦さんとか速水奨さんとか、あー思い出しても滾るわー、はぁはぁ:笑)

任侠さんの母の愛のカタチ

ラブキュート好きを親にカムアウトしている任侠さん。任侠さんの母はラブキュートにはまる息子を「テレビでよくでてる”容疑者”ってこんな感じじゃない?」とディスりつつも、学校に行きたくないという気持ちを抱えている子供時代の任侠さんに気づき、そっと見守り続ける道を選んだとのこと。息子を心配しないわけではないが「ラブキュートのおかげでなんとか学校もいけてたのかもしれない」とちゃんと任侠さんのことを理解してあげていたのだった。

あぁ、叶と同じこと言いそうやった。「それやでお母さん、ほんまそれ!」と。

子供時代はとくに世界が狭くて逃げ場がなくて、だから自分の好きなものの世界に「逃げ場」を求めることもあって。だからそれを全否定されてしまった叶と、見守ってくれた任侠さんの母の決定的な違いが、その後の親子関係に大きく影響を及ぼすんだなという目でガガガを観たら、なんとなく親の影響でおそらくオタク気質があるであろう我が息子が、今後どのような道にはまろうとも、犯罪に結びつくようなものでなければ、受け入れてあげようと心から思うのです。

母は息子が「コミケに行きたい」と言ってきたら、両腕を広げて「ママもよ!」と抱きしめてあげるつもりです(むしろ私が行きたい)

繁殖期に大量発生するアカガニ

《スポンサーリンク》

Advertisement
『劇場版獅風怒闘ジュウショウワン~集え!赤の戦士たち‼~』を北代と一緒に観に行った叶。初めて特撮の映画を観た北代は、赤のヒーローがワラワラと集いすぎる展開に「赤いの1人じゃなかったっけ?繁殖期に大量発生するアカガニかと思ったわ」と感想をもらす。

ちょ!あは!あははは(大笑)!!
そんなん言われたら、これからそう見えてまうがな!!(爆笑)

じゃかましい!くそババア!

《スポンサーリンク》

Advertisement
叶の特撮好きをずっと否定してきた母親が、上京してくることになった。小さい頃、叶の大切にしていたテレビきっずを焼かれて、それで焼き芋を作られたことのある叶。なんとか母の魔の手から自分の特撮部屋を隠したい叶だったが、抜き打ちで叶の部屋に行き、叶の特撮好きがいまだ続いていることを知り許せない母は、なんとかわかってほしいとたどたどしく思いを伝える叶の頬をひっぱたき、叶のオタ友を全否定し、叶の部屋から持ち出した「叶の宝物・シシレオーのフィギュア」の腕を叶の目の前で折る。

女は可愛いものに身を包み、可愛いものを愛し、早く結婚して家庭を築くのが幸せだと、小さいころから叶に「自分の思う幸せ」を押し付け続けてきた母にとうとうぶちぎれた叶は「じゃかましい!くそババア!」と母の頬をひっぱたき返し、生まれて初めての反撃にでる。

もうこのシーンは何度見ても息を呑みます。。。。叶の、小芝風花の、はげしい怒りに観ているこちら側も飲み込まれます。

ずっとずっとずっと、母親だから、恩義があるから、育ててもらっているから、自分は子供だから、いろんな感情で本音を抑え続けてきた叶の、心の器にずっと溜まり続けた「我慢」の水が、表面張力の限界を超えて一気に溢れこぼれ落ちる瞬間が見えました。

子供は親のものじゃないんだよ。親の着せ替え人形じゃないんだよ。ちゃんとした一人の人間なんだよ。

この「子育ての基本」を忘れてはいけないって、横で黙々とレゴしてる5歳の息子を見ながら思います。親にとっては「こう育ってほしい」という夢があったとしても(っていうか私も息子に希望はあったりするのですが)、それがその子にとって意に沿わないものならば、提案はしたとしても押し付けてはいけないと思います。

この叶の母親はおそらくいまよく言われる『毒親』ってやつですよね。。。。。オタクの共感を求めてトクサツガガガを観てきましたが、毒親にならないための教科書になるとは思いませんでした。。。。

そして「娘が薄い本を買うために大阪の聖地ATCに行くのに、車で送り迎えまでしてくれた私の両親」にはほんと感謝してもしきれないなと、改めて自分の親の味方っぷりをありがたく思います。

まとめ

ああ、次が最終回なんですよね(号泣)。どうしようさみしすぎるすでにロスだわどうしよう。叶と母の関係はどうなるんでしょうか?オタ友たちとの友情はどうなっていくんでしょうか?さみしいですが最終回、じっくり楽しみたいと思います。

※関連記事:トクサツガガガ6話叶とお母ちゃんガチ親子ゲンカでビンタ応酬!最終回で決着?

《スポンサーリンク》

Advertisement