トクサツガガガ5話ゲンカさんといっしょ?テレビきっずの全サDVDが話題!

トクサツガガガ5話ゲンカさんといっしょ?テレビきっずの全サDVDが話題!

いやはや5話も非常に素晴らしかったですね(にっこり)。普通の一視聴者としても、筋金入りのオタク(歴28年くらい?)視点から言っても、隅から隅まで非常に美味しくいただくことができました♪

それになんだろう、今回は、いつも以上に素晴らしいシーンや名言が散りばめられてた気がします。オタクとして身につまされるところも。

私、すっかりトクサツガガガのとりこなんですが、これが天下のNHKでやってるということを時々忘れます。はっちゃけてて大好き。トクサツガガガ終わったらどうしよう(割と本気で怖い)。わーわーわー考えない考えない考えないーーーー!(おっラブ部長オマージュ)

では、今回もトクサツガガガ5話の感想を、私のオタクエピソードを交えながら記事にしていきたいと思います。

まずはトクサツガガガのあらすじなど基本情報から。5話については目次4~お読みください♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

NHKドラマ「トクサツガガガ」のあらすじ

NHK総合 ドラマ10 トクサツガガガ
2019.1.18(金)~ 夜10:00スタート
 毎週金曜 連続7回

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。

そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。
すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。

特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。

日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

(公式サイトより引用)

NHKドラマ「トクサツガガガ」のキャスト

仲村 叶(なかむら かの) … 小芝 風花
吉田 久美(よしだ ひさみ) … 倉科 カナ
北代 優子(きたしろ ゆうこ) … 木南 晴夏

チャラ彦(川島 直太朗) … 森永 悠希
小野田くん(小野田 隆) … 本田 剛文(BOYS AND MEN)
ユキちゃん(白濱 幸) … 武田 玲奈
マイちゃん(白石 マイ) … 内山 命(SKE48)
任侠さん(松本 昌明) … 竹内 まなぶ(カミナリ)

ダミアン(田宮 拓) … 寺田 心
仲村 志(なかむら ふみ) … 松下 由樹

~主題歌「ガガガガガガガ」ゴールデンボンバー

NHKドラマ「トクサツガガガ」主な登場キャラクター紹介

『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』
毎週日曜に放送されている特撮ヒーロー番組。動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴。

・シシレオー:ジュウショウワンのリーダー。カラーは赤。真面目で、優しく面倒見が良い。
・トライガー:ジュウショウワンのメンバー。カラーは青。短気で気が荒いが、筋を通す熱いやつ。
・チェルダ:ジュウショウワンのメンバー。カラーは黄。泣き虫だが、根は明るく無邪気な性格。
・セロトル:ジョウシュウワンのメンバー。カラーは銀。他人に対して心を開かず、攻撃的。
・ゲンカ将軍:ジュウショウワンの敵の大将。不死身の肉体でよみがえるたびに強くなる。

『救急機 エマージェイソン』
仲村叶が小さい頃に見ていた、特撮ヒーロー番組。

・エマージェイソン:反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット。

全サ(応募者全員サービス)のDVDがはっちゃけすぎ。カオスすぎ。

《スポンサーリンク》

Advertisement
『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』のメンバーが出ている、雑誌テレビきっずの全サ(応募者全員サービス)DVDを初めてみた叶。本編に全く関係ない、まさにやりたい放題のDVDに衝撃を受ける。

海で敵(雑魚)とビーチバレーをするジュウショウワン。サラダに高ーいところからオリーブオイルを回しかけるコックのトライガー。まるでNHKの対局放送で見るように真剣に将棋を指すジュウショウワン。「ゲンカさんといっしょ」という番組内でまさかの伝説井森ダンスを披露するゲンカ将軍たち。新番組『猫風怒闘ジュウショウニャン』

いろいろ衝撃の「全サ」に応募するには未就学児対象の雑誌テレビきっずを購入しないといけないが、叶にとってテレビきっずは、幼いころ大好きだったにも関わらず母に取り上げられた思い出があり、たとえネットショップであっても購入するにはトラウマが邪魔して勇気がでないのだった。

あははは「は(大爆笑)!!!え、しょっぱなからツッコミどころが多すぎてちょっともうどこから手をつければ?な状態ですが?

とりあえず「ゲンカさんといっしょ」が破壊力すごかった!(大笑)井森ダンスひっさしぶりに見た!ゲンカさん、なぜ井森をチョイスした。脳内にレオタードがちらりと見え隠れ。全サは本編と関係ないとはいえゲンカ将軍がかわいすぎる。

あーでも、小さい頃は全サのプレゼント、すごーーーーーく楽しみだったなぁ♪そんなはっちゃけたDVDとかはなかったですが(笑)、自分の好きなキャラクターがプリントされた手提げかばんとか、送られてくるのを今か今かと郵便受け見に行ってたなぁ。懐かしい(遠い目)。

もしもシリーズ。ドリフ大爆笑のオマージュ!?

上京してきたみやびと一緒に晩御飯を食べた叶、吉田、北代。みやびはイベントついでに就職に向けての説明会にいってきたらしい。オタクへの洗礼をまだ受けたことがない(というか受けていても気づいてない)みやびが、皆に「休みの日はなにしてますか?」と、隠れオタにとってはものすごーーーーーく困る質問をしてしまう。

それに対し、吉田・北代は、非オタリア充女子になりきり「予想されるその後の(オタにとって)つらい展開」をシミュレーション劇にしてみやびに『オタクはつらいよ』とわからせるのであった。

プチ劇への導入部が!!「もしも…社会人隠れオタクが休日になにをしているか聞かれたら…」「もしも…社会人隠れオタクが休日は「寝てる」と答えたら…」「もしも…社会人隠れオタクが休日に「海に行く」と答えたら…」まずこのテロップのフォントがまじドリフ!!(大笑)この絵面見た瞬間、頭にいかりや長介・志村けんなどなど大御所たちのお顔が浮かんだよね!残念なかつらかぶってたけどね!

あと、シミュレーションの内容がリアルなオタクには刺さったよね!非オタさんたちにどう会話を寄せていったらいいかいまだに探るよね。セーフライン探すよね。へたこくと自分の首絞めることになるから、浮かれる時期(長期休暇にあるビックイベントコミ☆とか)は口滑らさないように私生活の話題は一切しなかったかな☆

トゥクン・・・

《スポンサーリンク》

Advertisement
4人で海に撮影会(推しグラビア風&推しフィギュア)に行くためにいつもの公園を通った叶と吉田は、塾に向かうダミアンに会う。初対面の吉田の自己紹介の笑顔を見て、ダミアンの心に春の嵐が吹き荒れた。。。トゥクン…←恋に堕ちた音

堕ちた音、聴こえたーーーー(大笑)あれだね、人が恋に落ちる瞬間って音するんだねぇ。たぶん私、去年の5月くらいの深夜に、トゥクンって音鳴ったと思う(←おっさんずラブ第2話終盤、春田にでこちゅーした牧の横顔見た瞬間)

すきなものは、すきでいいんだ

外食中に「男の子用玩具シシレオー」のおまけが欲しいと親に頼んでいる女の子に出会った叶。女の子は親に何度も頼むが、親に「それは男の子用だよ?違ったらみんなと遊べないよ?」と説得されて女の子用のおもちゃに変更せざるを得なくなってしまった。そんな女の子の姿に、昔母親に特撮好きを否定されてつらかった自分を重ねた叶は、自分がもらったシシレオー(onバイク)を彼女に(ショットバー方式!で)あげ、昔自分が言ってもらいたかった言葉「欲しいと思ったものを選んでいいんだ」ということを伝えたのだった。

このシーンはとても良かった。昔誰かに言ってもらいたかった言葉を、自分を肯定してくれるヒーローが現れてほしかったという願いを、時を超えて、自分が誰かを元気づけることで昔の自分も癒せるってすてきだなぁって思いました。あと、かつての少女の自分の前に現れたシシレオーが、頭をなでながら言った「いずれきみとであう、きみの味方だよ」というセリフにすごくときめきました。突然目の前に現れて、こんなセリフ言われたら、ガチで恋に堕ちる自信がある。

《スポンサーリンク》

Advertisement

あと、上記に組み込めなかった軽い一文感想はこちら。

・おとなが全力で撮影会するとすごいお(妥協?なにそれおいしいの?)
・非オタリア充女子に、自分のスマホのライブラリは見せられないお(画面キャプチャもすごいお)
・子供向け玩具は思った以上にスピード出して走るお(外食中にテーブルから飛び出すこと数知れず)

まとめ

なんだろう、トクサツガガガってもう、癒しの番組ですよね。テレビのむこうの世界に入り込みたいくらい楽しそう。あと、今回の撮影会の話を見ていて、すんごい「おっさんずラブ聖地訪問」して「撮影会」したくなったよね。なぜ自分の居住地は関西なのか。。。リアル世界でオタ友ほしいな。。。(毎回思う)

だんだん最終回が近づいてきていて落ち着きません(泣)。いまからさみしい。。。あと少し、トクサツガガガの世界をがっつり楽しみたいと思います。。。

《スポンサーリンク》

Advertisement