トクサツガガガ2話~トライガーノキミ吉田さんの名言に感動!ドラマ感想も

トクサツガガガ2話~トライガーノキミ吉田さんの名言に感動!ドラマ感想も

こんばんは、隠れオタです。

今週のトクサツガガガも大変素晴らしゅうございましたね。そして、こんな分かりみが過ぎるドラマがNHKにて放送されるということは、もしかしたら、私が思っているよりも世の中には隠れオタク人口がいるのでしょうか?とか勘違いしてしまいそうですありがとうございます。

トクサツガガガ2話、とうとう叶がトライガーの君吉田さん」と再び遭遇しました!なんとうらやましい!私もそんな胸きゅんな出会いwithどこかにいる隠れオタクさんをしてみたい!ずるい!(ずるくない:笑)

では、今回もトクサツガガガ2話感想を、私のオタクエピソードを交えながら記事にしていきたいと思います。

まずはトクサツガガガのあらすじなど基本情報から。2話については目次4~お読みください♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

NHKドラマ「トクサツガガガ」のあらすじ

NHK総合 ドラマ10 トクサツガガガ
2019.1.18(金) 夜10:00スタート
 毎週金曜 連続7回

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。

そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。
すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。

特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。

日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

(公式サイトより引用)

NHKドラマ「トクサツガガガ」のキャスト

仲村 叶(なかむら かの) … 小芝 風花
吉田 久美(よしだ ひさみ) … 倉科 カナ
北代 優子(きたしろ ゆうこ) … 木南 晴夏

チャラ彦(川島 直太朗) … 森永 悠希
小野田くん(小野田 隆) … 本田 剛文(BOYS AND MEN)
ユキちゃん(白濱 幸) … 武田 玲奈
マイちゃん(白石 マイ) … 内山 命(SKE48)
任侠さん(松本 昌明) … 竹内 まなぶ(カミナリ)

ダミアン(田宮 拓) … 寺田 心
仲村 志(なかむら ふみ) … 松下 由樹

~主題歌「ガガガガガガガ」ゴールデンボンバー

NHKドラマ「トクサツガガガ」主な登場キャラクター紹介

『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』
毎週日曜に放送されている特撮ヒーロー番組。動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴。

・シシレオー:ジュウショウワンのリーダー。カラーは赤。真面目で、優しく面倒見が良い。
・トライガー:ジュウショウワンのメンバー。カラーは青。短気で気が荒いが、筋を通す熱いやつ。
・チェルダ:ジュウショウワンのメンバー。カラーは黄。泣き虫だが、根は明るく無邪気な性格。
・セロトル:ジョウシュウワンのメンバー。カラーは銀。他人に対して心を開かず、攻撃的。
・ゲンカ将軍:ジュウショウワンの敵の大将。不死身の肉体でよみがえるたびに強くなる。

『救急機 エマージェイソン』
仲村叶が小さい頃に見ていた、特撮ヒーロー番組。

・エマージェイソン:反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット。

NHKドラマ「トクサツガガガ」2話のオタクあるある

今回も「それな!」なエピソードがたくさん盛り込まれておりましたので、あらすじ私のオタク体験&見解をこっそり追加しながら紹介していきたいと思います。

《スポンサーリンク》

Advertisement

お買い物は無駄に演技する(シチュエーションは具体的)

自分の推しのシシレオーの玩具をゲットするために、ファーストフード店で子供用のおもちゃ付きセットを買おうとする叶。カウンターで子供用セットを購入する際の設定は「私そんなにおなかすいてないから~(だから子供セットを購入するんです~)」

しかしおもちゃを選ぶ瞬間に、同じ会社の同僚チャラ彦が隣にやってきてしまい、動揺して泣く泣く女の子用のおもちゃの髪留めを選んだ。自分の姪にあげるんですという隠れ蓑をばさっとかぶって。まあそれなら自分の「甥」にあげるんです設定で、男の子用のおもちゃをチョイスすればよかったと後から気づいたが(後の祭り)。

私の演技は本屋で「鑑賞用」「保存用」同じ本を2冊買うときに「友達に頼まれちゃって~だから1冊プレゼントなんで小袋欲しいですけど包装とかまではいりません」と、カウンターの方のお手を煩わせることはないようにしつつ「2冊とも自分のじゃないよ」アピールします。そして、購入してから「たぶん本屋の方は、2冊購入に対してそこまで気にしてないんじゃなかろうか」という『私自意識過剰だった恥ずか死』後遺症にしばらく悩まされます。

自分のテリトリー内にあふれるグッズを家族から隠すのに必死

突如上京してくることになった母から「合鍵を渡せ」と迫られる叶。しかし、特撮グッズあふれる自分の部屋の合鍵を渡すわけにはいかない叶は、なんとかのらりくらりと母からの魔の手?をかわそうとする。。。。が、母のほうが一枚も二枚も上手だった(→つまり合鍵とられた)

だれにもありますよね!自分の、自分だけの、秘密のスペース(笑)。結婚前は自分の部屋の押し入れの天袋と、勉強机の鍵のかかる引き出しの中。ここは私の情熱がぎゅーっとつまってました(笑)。結婚した今は…自分の個室がないので、あちこちの棚の奥に隠してますが、鍵もかからないところに、普通に(見えるように擬態して:笑)置いているので、いつ家族にばれるかと内心ヒヤヒヤしています。

初めてのヒーローショーを、あくまで「たまたま見にきた」風に観覧しに行き、リアルでオタクの人と出会う

子供連れの家族が多いヒーローショーを見るために、「あくまで仕事の休憩中に」「コーヒー片手に」「小脇に仕事の書類を抱えて」「スマホをいじりつつ」「興味なさげに」「暇つぶしに」ヒーローショー覗きに来た人を装いながら観覧し始めた叶。しかしそこでなんと、先日電車の中で出会うことができたトライガーノキミ(トライガー推しの女性)に再会することができた。トライガーノキミの名は吉田さん

吉田さんは自分の年齢を引け目に感じ、今日でヒーローショー観覧を卒業しようと心に決めていた。しかし、初めてのヒーローショーを目の前に興奮と感動を抑えきれない叶の姿を見て、なにか吹っ切れた吉田さん、おもむろに鞄の中からものごっつい一眼レフを取り出すと、エマージェイソンとシシレオーをガシガシ撮影しだした。ふたりは取りつかれたように撮影し、観覧は大興奮のまま幕引きとなった。

その後、喫茶店で『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』についていろいろ話し込む叶と吉田さん。吉田さんが番組内のエピソードを軽く言うだけで「第4話ですよね」と返す叶。打てば響くような吉田さんに、もっとお近づきになりたい!と思いつつも、初対面でいきなり個人情報を聞くのは。。。と二の足を踏んでしまう。

そこへ、叶の「空気の読めないチャラい同僚」チャラ彦が偶然相席することになってしまい(不本意)、チャラ彦のなぜかナイスアシスト(次に詳細記載)により3人で連絡先交換することになった(叶にとっては願ったり叶ったり)。

わーわーわーわー!
うらやま!!!
うらやま!!!!
うらやますぃーーーー!!!

そんな偶然どこにいったら落ちてますか?

私は今夏、おっさんずラブの映画に行こうといまから鼻息荒く楽しみにしてるんですが、もちろんぼっちで見に行く予定なんですが、例えば隣に座った女性に思い切って声をかけたりしてみたら、そこから何か始まったりなんかしちゃったりするんでしょうか!?でも個人情報までは交換できないーーーー(妄想はどんどんすすむYO!) 

チャラ彦はほんと空気読めない!とか最初イライラしてましたが、最後皆で連絡先交換する流れに持って行ったところで「よくやった!ただの邪魔者じゃなかった!」とほめてあげたくなりました。そういうきっかけでもないと、次には繋げられませんよね。。。むーん

私的には、ものごっつい一眼レフを手にした瞬間にメーター振り切った吉田さんがとっても好きです。

《スポンサーリンク》

Advertisement

スマホのフォトライブラリは推しでいっぱい

喫茶店で見せてもらった吉田さんのスマホの中には、吉田さんの推しのトライガーの(おしりの)写真がいっぱい。それを見たチャラ彦がぐいぐい絡んでくるのから、吉田さんを守るために叶が使った作戦は《秘儀。イケメンが好きである、という建て前》。トライガーが好き!となるとオタク臭が一気に増すが、トライガーの中の人(イケメン)が好きという風に表現すると、イケメン好きのただの女子に擬態することができるのだ。

わかる!私はいま、おっさんずラブの牧に、寝ても覚めても心奪われっぱなし(で早数か月)なのですが、大っぴらに「牧が好きです」と言うとちょっといろいろアレかなと心配なので、もし誰かに聞かれたら「林遣都さんが好きです」と言おうと思ってます。まあ、そんな質問されるシチュエーションないんですけど。そして最近は、牧つながりでほんとに中の人(林遣都さん)が好きになってしまってるんで、最早、擬態でもなんでもなくただのイケメン好きおばちゃんなんですけど☆だからいま、私のスマホの画面キャプチャは林遣都さんでいっぱいです(いい笑顔)。

トライガーノキミ吉田さんの名言に感動!

吉田さんと一緒に任侠さん(こわもてのおもちゃ屋店主)のお店に行ったところ、偶然から任侠さんが実は女の子に人気のキャラクター「ラブキュート」が大好きなオタクだということが判明した。オタクであることを恥ずかしがる任侠さんに、吹っ切れた吉田さんが

「好きなものに、性別とか年齢とか関係ない。好きなものはきっと、自分で決めていいことだと思います」

と、とても力強く声をかける。その台詞は、その場にいる3人のオタク(叶、吉田さん、任侠さん)の心に届き、3人は笑顔をかわす

吉田さーーーーーーーん!!!
ありがとーーーーーーー!!!

そうですよね、好きなものはきっと、自分で決めていいんですよね。だって(オタクであることで)誰かに迷惑かけてるわけじゃないんですもの。いやそりゃ、家族のお金までめっちゃ自分の好きなものにつぎ込んでるとか、そういうのはだめですけど(汗)、節度あるオタ活動ぐらいは、自分で決めてやってもいいですよね(キラキラ開眼した気分)。そのオタ活動で精神的に元気が出て、それがリアル生活にもいい影響を及ぼすこと、ありますものね!うんうん!吉田さんが言ってくれたこの名言、私のこころにとっても響きました!オタクでいてもいいんだよって言ってもらえた!わーい!

まとめ

皆さんは、吉田さんの名言、いかが受け取られましたか?私にとっては免罪符もらったみたいで、すとんと心の奥まで響きました。実生活に影響を及ぼさないよう、隠れオタを貫きつつも、オタクはやめません!(ってかやめれません、せめて心の中だけでも)ありがとうトクサツガガガ

来週は同じ職場の、かたぶつっぽい北代さん(木南 晴夏)がかかわってきそうですね!楽しみ!北代さんは、どんなひとなのかしら?彼女もなにかのオタクとかかなと、展開が今から楽しみです!

※関連記事:トクサツガガガ1話の感想!オタクあるあるエピソードまとめ!カラオケ、キーホルダーetc

《スポンサーリンク》

Advertisement