トクサツガガガ1話の感想!オタクあるあるエピソードまとめ!カラオケ、キーホルダーetc

トクサツガガガ1話の感想!オタクあるあるエピソードまとめ!カラオケ、キーホルダーetc

皆さまこんばんは。突然ですが、とある(オタクにとっての)衝撃ドラマをもうご覧になりましたでしょうか?そのドラマのタイトルは

トクサツガガガ といいます。

私これ見てびっくりしました。なんでって?だって。

分かりみが過ぎる!(爆笑)

マジでほんと、ほとんど「それな!」しかなかったです。だって私は隠れオタ歴〇〇年←二桁。(いやまあ今までこのブログでめっちゃ「おっさんずラブ」について愛を叫びまくっておりましたので、このブログ内ではオタ隠す気ないのですが。そちらについては、アーカイブの『おすすめドラマ』をさかのぼっていただければ:照)

このドラマは隠れオタ(主に私)にとって「同意しかない!」「探せばリアル身近にも仲間いるかも?」など、”自分だけじゃない安心感”と”リアルオタ友ゲットへの希望”を魅せてくれる、そんな夢いっぱいのドラマです。

今回はそんな素敵なドラマ(笑)『トクサツガガガ』について記事にしたいと思います!(いつもより若干鼻息荒め)

《スポンサーリンク》

Advertisement

NHKドラマ「トクサツガガガ」のあらすじ

NHK総合 ドラマ10 トクサツガガガ
2019.1.18(金) 夜10:00スタート
 毎週金曜 連続7回

商社勤めのOL・仲村 叶(小芝風花)は特撮をこよなく愛する隠れオタク。
仲村の母親(松下由樹)は、女の子らしさを好み、特撮のことを嫌っている。それゆえ母はもちろん、職場の同僚たちにも特撮オタクであることは一切秘密だ。

そんな仲村は日々の生活の中でさまざまなピンチに陥る。「ど、どうすれば…」。
すると、突然、仲村の脳内が特撮モードに切り替わり、彼女にしか見えない特撮ヒーローが現れ、彼らの言葉に勇気づけられた仲村は、次々にピンチを切り抜けていく。

特撮オタクの先輩・吉田さん(倉科カナ)や同僚・北代さん(木南晴夏)、小学生の男の子・ダミアン(寺田 心)、コワモテ・任侠さん(竹内まなぶ)など、新しい仲間と出会い友情を育み、特撮オタクOLとしてパワーアップしていく。

日常生活で直面する「あるある!」な壁に葛藤しつつも前向きに奮闘する仲村の姿を描くコメディードラマ。

(公式サイトより引用)

NHKドラマ「トクサツガガガ」のキャスト

仲村 叶(なかむら かの) … 小芝 風花
吉田 久美(よしだ ひさみ) … 倉科 カナ
北代 優子(きたしろ ゆうこ) … 木南 晴夏

チャラ彦(川島 直太朗) … 森永 悠希
小野田くん(小野田 隆) … 本田 剛文(BOYS AND MEN)
ユキちゃん(白濱 幸) … 武田 玲奈
マイちゃん(白石 マイ) … 内山 命(SKE48)
任侠さん(松本 昌明) … 竹内 まなぶ(カミナリ)

ダミアン(田宮 拓) … 寺田 心
仲村 志(なかむら ふみ) … 松下 由樹

~主題歌「ガガガガガガガ」ゴールデンボンバー

NHKドラマ「トクサツガガガ」主な登場キャラクター紹介

『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』
毎週日曜に放送されている特撮ヒーロー番組。動物をモチーフにオリエンタルな雰囲気が特徴。

・シシレオー:ジュウショウワンのリーダー。カラーは赤。真面目で、優しく面倒見が良い。
・トライガー:ジュウショウワンのメンバー。カラーは青。短気で気が荒いが、筋を通す熱いやつ。
・チェルダ:ジュウショウワンのメンバー。カラーは黄。泣き虫だが、根は明るく無邪気な性格。
・セロトル:ジョウシュウワンのメンバー。カラーは銀。他人に対して心を開かず、攻撃的。
・ゲンカ将軍:ジュウショウワンの敵の大将。不死身の肉体でよみがえるたびに強くなる。

『救急機 エマージェイソン』
仲村叶が小さい頃に見ていた、特撮ヒーロー番組。

・エマージェイソン:反ロボット社会に現れた正体不明の人型ロボット。

《スポンサーリンク》

Advertisement

NHKドラマ「トクサツガガガ」1話のオタクあるある

1話では、仲村叶がなんとかオタバレしないように必死に装いピンチと戦いながらも(?)、電車で会うトライガーのキーホルダーを付けた女性「トライガーの君」との接近に奮闘したり、不思議な小学生(ダミアン)と知り合ったりと、にぎやかな毎日を過ごしているところが描かれていました。

せっかくなので、私のオタエピソードもこっそり加えながら、オタエピソードを中心に1話を振り返ってみたいと思います。

脳内とリアル世界の線引きが曖昧になる

叶が電車で座っていると、老人夫婦が座席を探していた。譲るのを躊躇してしまった叶だったが(前夜円盤見すぎて完徹寝不足)、目の前に推し(一番のお気に入り)のシシレオーが現れ(幻覚)「自分が苦しいからって、弱きものを見捨てていい理由にはならない!」と名台詞を吐き、叶は勇気を得て老人に席を譲ることができた。

⇒実生活営み中に脳内に突然推しが現れ、推しだったらこういうシチュエーションのときどうするかな?とか想像してニマニマするのは日常茶飯事ですよね。想像した後の崩れた自分の表情をいかに正常に整えるかがカギ。そこ失敗すると変態になる。電車で妄想中、突然トンネルに入って自分の顔が映ったとき「はっ!」ってなります。

オタク仲間が欲しい!が、オタバレはしたくない!

エレベーターホールで女性ふたりが、実はオタクだった友人の彼氏の話をしているところに遭遇する。「好きだったら隠さなければいいのに」な言い方をする女性たちに、内心憤慨する叶。「私だって好きなことを好きといいたい!仲間がほしい!」でも「好きなことを否定されるのは怖い!絶対オタバレしたくない!」と揺れ動いている。それはまさに隠れキリシタンさながらである。

⇒分かりみが過ぎる。私もリアオタ友ほしい!!!(お手てメガホンにして)一緒に、同じ熱量で、なんなら朝まで推しについて語りあいたい!!!でも、リアル世界でオタバレ、ダメ、絶対!万が一にも息子の幼稚園のママさんにばれたら恥ずか死に値する。。。。と、毎日ぐらぐら揺れ動いてます。

《スポンサーリンク》

Advertisement

オタクになると節約する

最近毎日手作り弁当でお昼を澄ます叶。周りの人たちからは「女子力高め」と認識されているが、叶にとっては女は死、「女死力」である。

節約しますよね!私、だってこの前おっさんずラブの円盤買っちゃったし。シナリオブック買っちゃったし。今度映画するし(何回見に行けるかな~むふふ)。思い起こせば学生時代から、とあるオタクの祭典(主に長期休暇中に行われる、薄い本が飛ぶように売買されるお祭り)の前には、節約&100円玉集めて大変でした(むふふ)。いまは行けない。さすがに行けない。子供が中学生になったら行ってやる~!

キーホルダー等グッズ使ってイクトゥス作戦

なんとか仲間に「自分の推しはシシレオーです」とわかってもらうために、昔クリスチャンが自分の仲間を見つけるときに使ったイクトゥス作戦をモチーフに、推しのキーホルダーを鞄につけるために奮闘する。

⇒あーわかるー(涙)。仲間に、ってか、仲間「だけ」にわかるようなサイン?アイテム?つけたくなりますよね!ちなみに今の私は頭のなかがおっさんずラブなので(笑)、おっさんずラブの公式キーホルダーを鞄につけて、仲間に会えたら「わんだほう!」って言いたい(ほんと、わかる人にしかわからないエピでごめんなさい)。昔だったらミラー〇ュとかテニ〇ュとかちょっとS〇APとかもう、いろいろ通っていくたびに、なんとかいいアイテムないか考えたよね!実際つけてうろうろする勇気なかったけどね(爆)!

いわゆる「普通の歌」がわからない

アニソンしかわからない叶が職場のメンバーとカラオケに行くことになり、必死に悩んで「皆が子供だった頃に流行った特撮の主題歌」を、さも「昔好きだったんですよね~でも細かいところわからないや」な感じで歌って、皆の童心を刺激して盛り上げ、なんとかその場を乗り切った。

⇒ほんと「普通」がわからなくなるんですよね。。。この歌、めっちゃいい曲やけどアニソン…この歌もめっちゃ歌いたいけどアニソン…と、自分の番が来るまで必死に「歌ってもギリセーフ」な曲を探すあの時間がつらかった☆結局「昔すっごい好きだったんですよね!」と叶と同じ手を使って歌った“ふしぎの海のナディ〇”が結局微妙な空気で終わったあの日を、私は今でも忘れない…(遠い目)

まとめ

トクサツガガガ、めちゃくちゃリアルです(オタ感情が)♪なんか、普段「普通の顔して生活してる私」の中に押し込めてるオタパワーが漏れ出てきます。ニマニマ。ぜひ見てください!そして、こんな感じで毎日周りと帳尻を合わせながら、粛々と生活しているオタクの心の内を少しでものぞき見して頂ければと思います(笑)。

《スポンサーリンク》

Advertisement