嵐voyage2話のネタバレ感想!詳しい内容で文字起こしをまとめ

国民的男性アイドルグループ『嵐』

日本の男性アイドルグループで今一番人気を誇っているのが『嵐』と言っても過言ではありません。リーダーの大野智、櫻井翔、二宮和也、松本潤、相葉雅紀の5名からなるグループ。

1999年9月15日にハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューし早20年。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味や「頂点に立つ」という意味も込めているそうです。

アイドル『嵐』としてのツアーやライヴやTV番組はもちろん、個人の俳優活動、雑誌、CMなどさまざまな分野で大忙しの5人。そんな彼らが2019年1月に活動休止を発表し、大きな衝撃、反響を残したあの日から早くも1年が経ちました。

そこで嵐の密着ドキュメンタリーが、活動休止までの1年間毎月Netflixより配信中です。新たな門出を迎え、さらなるチャレンジに取り組む5人の素顔に迫り、その魅力を世界に届けています。

活動休止まであと残り1年。21年目の5人は今何を想い、何を語るのか。ここでしか見られない、誰も観たことのない”リアル”な嵐。新たな嵐の顔が今明かされる・・・!

今回は嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第2話について、内容ネタバレ・感想について記事にしていきたいと思います♪

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第2話とは

嵐の密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』第2話2020年1月28日に配信されました。

2020年12月31日の活動休止までを追うオリジナル番組で、過去のライヴ映像、アーカイブ映像や現在の映像などを通じ、メンバーそれぞれの心境休止までの活動に懸ける思いが描かれます。

日本はもちろん、アジア、世界各国でも人気絶頂期にいるいま、なぜ彼らは活動を休止するという道を選んだのか?

この番組は28の言語の字幕付きで、世界190カ国に同時配信される事でも話題になっています。またNetflixの独占配信ですが、YouTubeでは予告映像が公開されています☆

彼らの新たな門出を迎えるための、また過去を振り返りながら、嵐の顔ではなく、今まで見せたこともない表情、本当の素顔に迫っていく内容となっています。

その深掘りしていくシリアスなドキュメンタリーさ、リアルすぎる内容から、嵐を身近に感じている好きな方ほど、彼らの心の奥底を見られて嬉しいようで、怖いと言った声も多く上がってきています。

Netflix独占配信の『ARASHI’s Diary -Voyage-』第2話あらすじ

第2話 「5×20」

活動休止を心に決めた5人。20周年アニバーサリーツアー”5×20″に向け、打ち合わせとダンス練習を重ねる姿に、それぞれの思いが見え隠れする。
この時、活動休止を心に決めていた5人の、それぞれの思いが見え隠れする姿が映し出されている。

『Netflix』より

第2話・内容概要(36分)

1  5×20のツアーライヴ映像
2  5×20のツアー開始72日前からの
打ち合わせ映像
3  打ち合わせや練習風景
4  嵐デビューの日ジャニーさんに
感謝の気持ちを伝える

今回はツアーに向けての打ち合わせやダンス練習が主な内容になってきます。

嵐『ARASHI’s Diary -Voyage-』2話内容ネタバレを詳しく文字起こし

5×20ツアーのライヴ映像

20周年アニバーサリーツアー「5×20」
初日の映像からスタートし、各公演の様子が映し出される。
メンバーそれぞれの紹介と合わせ、歌っているところが切り取られる。
舞台裏、ご飯を食べているところ、トレーニングの様子、談笑している姿など。

5×20ツアーの開始72日前

【さかのぼること ツアー開始72日前】
ホワイトボードにツアー内容がずらっと書かれてある
【この時 5人は活動休止を心に決めていた】

オープニング

1話より早いオープニング

ツアーの打ち合わせ

松本を中心に光の当たり具合などを打ち合わせしている様子。
大野櫻井の、ご飯を食べながらふざけ合っている様子。
カメラ目線で微笑ましく談笑。
松本「今回、大変だなぁ…」と声がもれる。

今回の演出の狙いは『過去と現在の共演』

松本「技術がすごいって事よりも、温かくなるってことが最重要だと思っていて」「夢は広がるけど、検証することが多すぎるって話だな」と、なかなか思うような演出ができないことに悩んでいる様子。

時間は深夜1時を回っている。

ひたすら妥協や中途半端などは許さず、自分の納得いく形が決まるまで諦めないといった姿が見える。「全然進まないなあ」と松本も苛立ちを隠せない様子。ストイックに考え込んでいる松本は表ではあまり見せない顔だと印象づける。

【2018年9月27日】
櫻井カメラ目線で「昨日も12時半までやったよ」「全然間に合わない」と。疲れているのか寝不足な目を潤ませながらスタッフに微笑む。その笑顔は疲れているものの、輝いて見える。
ときたま大野が一人疲れている様子が切り取られる

【2018年10月1日】
ホワイトボードに書かれた詳細と、実際に音楽を聴きながら確認をする松本
「Monsterの後のTroublemakerってハマるのかな?」と、一つ一つ丁寧に確認をしている。
一切漏れは許さない。
それぞれの表情が真剣だが、時々笑みがこぼれる。
松本はさらにスタッフとの細かい打合せを行う。
(今回のメインは松本か?)
スタッフの意見にも、納得のいかない点があれば必ず自分の意見を伝える松本。ここまで細かく演出などについて何度も打ち合わせが行われている事に驚く。

【2018年10月3日】
松本、氷が入ったボトルを首にあてる。疲れが溜まってきている様子。
大野に「どうゆうダンスを入れたい?」と意見を求める松本
大野「ゆっくり」
この日の打合せは11時間にも及ぶ。

【ツアー初日まで残り37日】
大野「気付けば20年経って、まあ、こういう形になれるとは思ってなかったですけど。まあ不思議だ・・・不思議かなぁやっぱ。まぁこの5人で良かったな。しかもう今は思えないですけどね。」と振り返る。

【2018年10月11日】
櫻井のピアノの演出の確認。
二宮櫻井の番の打ち合わせ。
(いつもの嵐では見られないこのドキュメンタリーでは、メンバーの無精ひげもちらちら見られる)
その後衣装合わせ。
二宮がスタッフに「これ以上大きくなるかって事?」と確認している。
二宮「酒を飲みすぎなければ・・・大丈夫」
和んだ様子の現場風景
スタッフが大野に「体重変わってないですよね?」
「太った?」と気にする大野
その横から「この子スイーツがすごい好きで」と茶々を入れる二宮

場面は変わって相葉櫻井のダンス練習。
その後二宮、松本、大野も交えて全体練習。

相葉は冷えピタを張りながら練習に励む様子。
高熱のため一足先に相葉は帰宅
この日の練習は終了
松本「みんなで動き出したら一気に動き出した感じだね」「今までの打合せが嘘のように。」
スタッフ「ちょっと嬉しそうだもん。仲間がいて。」
和やかに終了。
相葉の語り「まあ発表するまで・・・決まってからの日々っていうのは、すごく1日1日大切にしてるし、今ある現状、現実っていうのをやっぱり最大限に楽しんで」

ここで櫻井はコードレスイヤホンで笑いを取る。
いつだって現場は和やかに見える。
再びそれぞれでフリ入れ、そして全員で合わせる。
ダンスを踊っているのを見ていると、人前であれだけ綺麗に踊るのはこれだけ練習をしているからなのだと感じさせる。
時には、フリが頭に入らずに苦戦する時も。
相葉は「Bleathless」のフリを高熱だったため覚えていないかもしれない…と漏らす

ここからテンポが速まり
ツアーまでの打ち合わせ、練習、それぞれパートのソロ練習や、ダンスなどランダムで再生される。

日は巡り、
【2018年11月3日 嵐 デビュー日】
5人で飲んでいる様子。
大野は酔っているように見受けられる。
ジャニーさんに5人で「ありがとう」と伝える。
5人で映った写真は、とても良い笑顔で映っていた。

嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の2話感想

第2話はインタビューの時間は少なく、前回の1話より”普段の嵐”をリアルに映し出していた気がしました。

今回はなんといってもツアーの密着でしたね。ここまで何度も何度も打ち合わせをし、練習を重ねて、時間をかけて作っていくものなんだと改めて感じました。

また嵐だけではなく、ツアーを支えている関係者の方が多くいる事も感じました。その関係者とも気の知れた仲間のような信頼感を出している一方で、仕事仲間として礼儀を重んじるところもプロだなと感じました。

沢山の方が嵐のドキュメンタリーを貴重な時間だと感じながら見ているようです。

仕事にまっすぐに、ストイックに取り組む姿勢が、画面の向こうからものすごい熱量で伝わってきて、あぁプロの彼らを応援してきてよかったと思えるような、そんなドキュメンタリーに仕上がっていました。

まとめ

今回は嵐密着ドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』の2話について記事にしました。

数年前から何度も話し合いを重ねて、5人が出した答え。
“活動休止”

彼らが真剣に何度も何度も迷って出した答えのその先を、これから1年間のドキュメンタリーで一緒に見届けていけるのがとても楽しみであり、そして少し怖いです。でも本当の彼らを知る機会を得られたことに感謝です。

3話の更新までお待ちください☆

あわせて読みたい

国民的男性アイドルグループ『嵐』。1999年9月15日にハワイ州ホノルル沖のクルーズ客船にてデビューし早20年。グループ名の由来は「世界中に嵐を巻き起こす」という意味や「頂点に立つ」という意味も込めているそうです。リーダーの[…]