ハプスブルク展2019の混雑状況と待ち時間は?空いてる時間帯を予想!

ハプスブルク展2019の混雑状況と待ち時間は?空いてる時間帯を予想!

2019年10月19日(土)から2020年1月26日(日)まで、東京上野の国立西洋美術館にて「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が開催されています♪

600年を超える長き年月の間、ヨーロッパを支配した王族”ハプスブルク家”が築いた”絵画・版画・工芸品や武具などの豊かなコレクション”

今回はウィーン美術史美術館の協力により、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションの中から約100点が国立西洋美術館にて展示されています。

そのハプスブルク展がなかなかの混雑っぷりのようで、皆さん、いつごろ行けばゆっくりと楽しめるのかと悩んでおられるようです。。。

そこで今回は『ハプスブルク展2019の混雑状況と待ち時間は?空いてる時間帯を予想!』と題しまして、「ハプスブルク展2019」について記事にしていきたいと思います♪

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展2019(東京)とは

13世紀末にオーストリアへ進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。数世紀にわたってヨーロッパの中心に君臨し、また豊かな財とネットワークを用いて世界屈指の美術品・工芸品のコレクションを築き上げた。

そのコレクションを絵画や版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点で紹介する展覧会「ハプスブルク展」が、国立西洋美術館で開催される。会期は10月19日~2020年1月26日

本展のスタートは、同コレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世ゆかりの絵画や武具。

第1章では、一門の系譜を示す重要なツールであった肖像画や、「中世最後の騎士」と呼ばれた皇帝が着用した甲冑も見ることができる。

続く2章では同家内にとどまらず、ヨーロッパ史上の稀代のコレクター、ルドルフ2世も紹介。デューラー、ホルツィウスの作品や、精巧な細工が施された工芸品が並ぶ。

ハプスブルク家は16世紀半ば、オーストラリア系とスペイン系に分裂し、両家間では互いの近況を知らせるために肖像画が利用された。

3章ではなかでも、ベラスケス晩年の傑作《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》(1659)といった作品に注目。また最後のセクションでは、同家の最も重要なコレクターのひとりである大公レオポルト・ヴィルヘルムの豊かな絵画コレクションを見ることができる。

4章では、マリア・テレジアや市民革命で命を落とすその娘マリー・アントワネットなど、激動の時代を生きた同家の人々の肖像画を展示。そして5章では帝国が敗戦により崩壊し、その栄華が終焉を迎えるまでを追い、ウィーン美術史美術館の立役者であるフランツ・ヨーゼフ1世と、その妃エリザベトの肖像画やゆかりの品々を展示する。

本展は、質・量ともに世界屈指のハプスブルク家コレクションをまとめて見ることができる貴重な機会。同家の人々のキャラクターや時代ごとの特色とともに、きらびやかな作品の数々を堪能したい。美術手帖より

数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を統治したヨーロッパ随一の名門家”ハプスブルク家”。その歴史と外交力と財力をもって集められてきたコレクションの主要なものは現在、ウィーン美術史美術館に所蔵されています。

今回の東京で開催されている『ハプスブルグ展』では、ウィーン美術史美術館の協力により、コレクションの中から約100点が展示されています。

また、ハプスブルク家の個性豊かな人物たちを同時に紹介し、時代ごと、コレクターごとにその個性や傾向を浮き彫りにしながら、かつて確かに実在した偉人達を堅苦しくなく身近に感じられるように紹介してくれます。

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展2019(東京)の場所とアクセス方法

【ハプスブルク展2019(東京)】

開催期間:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)

開館時間:9:30~17:30
     毎週金・土曜日:9:30~20:00 
(ただし11月30日(土)は17:30まで)
    ※入館は閉館の30分前までに!

開催場所:国立西洋美術館

住所:東京都台東区上野公園7番7号

電車でのアクセス

・JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
・京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
・東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展・駐車場

※美術館専用駐車場はありません

P-1 上野パーキングセンター(TEL.03-3833-8151)
  *24時間 年中無休
  *観覧券(常設展・企画展)の半券で駐車料金の割引あり
 
P-2 タイムズ上野駅公園口(TEL.0120-77-8924)
  *24時間 年中無休

P-3 上野恩賜公園駐車場(第一)(TEL.03-3821-0755)
  *8:30~21:30(入庫可能時間)
  ※2019年11月18日(月)より一時閉鎖

P-4 上野恩賜公園駐車場(第ニ)(TEL.03-3821-0755)
  *大型・バス、8:30~21:30(入庫可能時間)

P-5 京成上野駅駐車場(TEL.03-3834-5708)
  *6:00~24:00

P-6 上野中央通り地下駐車場(TEL.03-5812-3695)
  *24時間 年中無休

※駐車料金等、詳しい情報につきましては、各駐車場にお問い合わせ&HPをご確認ください!

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展2019(東京)の休館日

< 国立西洋美術館休館日 >

毎週月曜日および年末年始(12月28日-翌年1月1日)
■ 月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館


年末年始などの変則的な休館日は上記のようになります。

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展2019(東京)の混雑状況と待ち時間

皆さんやはり、混雑っぷりに「ゆっくりしっかり」観ることが出来なくて心残りという感じだったそうです。。。確かに美術品は、しっかり見て堪能したいところですよね。

私も以前フェルメール展に行った際に、お目当ての”真珠の耳飾りの少女”をゆっくり観たかったのに、あまりの人の多さに「立ち止まらないでくださーい」と警備員に誘導され、お客全員「周り寿司か流れるプールか」ってな感じに流されてほとんど見れなかったのがいまだに心残りです。ちぇ。

ですが、入館の待ち時間はないようです!Twitter徘徊してても「待ち時間ほぼ0!」というツイートをちらほら見かけました!(どちらかというと同じく開催中の正倉院展の待ち時間の方がひどいようで(^^ゞ)

なので、入館に関してはわりとすぐに入れる日が多そうです(特に前売りお持ちの方はスルッと入れそう)。中が混雑してるのかな?

《スポンサーリンク》

Advertisement

ハプスブルク展2019(東京)の空いている時間帯を予想!

ではでは、混雑を避けて行くには、いつごろ行けばいいのでしょうか?

これはもう、上で紹介した「公式Twitter」でも《開館直後と閉館の2時間前からが比較的ゆったりご鑑賞頂けるかとおもいます》と言及されている通り、午前中(なるべく開館してすぐ)と、がおすすめ!

(あと平日でも、団体(学生)とかち合わなければ、午後ゆっくり観れる日もあるようです。が、こればかりは行ってみないとわからない(;^ω^))

こんな感じ。

夜はゆっくりしっかり周ることができそうです。

あと、「堪能出来て楽しかった!」とツイートされてる方の多くが『音声ガイド』を利用されていました!『音声ガイド』はかなりオススメのようです。料金は「550円/台」と高くないので、お時間ゆっくり取れる方は、ぜひ!!!

《スポンサーリンク》

Advertisement

まとめ

今回は『ハプスブルク展2019の混雑状況と待ち時間は?空いてる時間帯を予想!』について記事にしました!

ハプスブルク家と聞くと世界史を思い出しますが、実は詳しいことはすーっかり忘れている私(^^ゞ。久しぶりに世界史に触れて、美術を堪能してみたいなーなんて思ったりしました(n*´ω`*n)

ぜひ皆さまもハプスブルク展で、楽しい時間を過ごしてきてくださいね!